今日は、Re Workingを立ち上げた経緯について、書きます。

Re Workingは、採用広報の前提で言うと、求人票では、伝わりにくい部分を、社員さんのインタビューを通して、しっかりと伝えていこうという趣旨です。

最近では少し減りましたが、求人票と現実の仕事内容にギャップがある時点で、求職者からすると入社前後のイメージギャップが生まれます。

となると早期退職の要因となります。

だからこそ、求人票だけでは、表現できないその場所の雰囲気や一緒に働くヒトの人柄や価値観」を伝えていけば、求職者の「こんなはずじゃなかった論」ミスマッチを少しでも減らしていけると考えています。

皆さんは、百も承知でご存知だと思いますが、今はバブル期並みの人手不足です。

ですが、求人媒体に出されている内容は均一化。どの求人内容を見ても、似たり寄ったり、違うのは条件のみ。悲しいかな、医療の専門職ゆえにその傾向が顕著です。

また、求職者には無数の求人があるので、求職者は、緻密に事前に調べないで、入社→早期退職というケースも非常に多いのが現状です。

そんな状況だからこそ

雇用する側、雇用される側、どちらもハッピーではない、ミスマッチがとてももったいない

と強く感じてきました。

また、今の若者は、組織や企業に対しての興味や関心よりも、日々、一緒に働く人がどんな人なのかをとても気にしています。

時に、条件よりも働きやすさを優先しています。

求職者の心理としては、

ここで働いている人と自分は相性合うのかな?

場の雰囲気に馴染めるかな?

そんな事を考えながら、求職者は、就職先を比較検討しています。

働き方や価値観が多様化し、本当に採用、定着させる事が難しい時代になってきました。

これだけ難しい時代だからこそ、人、組織ともに納得感を持って、マッチングして欲しい。入社したからには、やりがいを持って楽しんでほしい。

史上最強の採用難の時代ですが、Re Workingを通して、少しでもマッチングの質を高めていきたいと考えています。

もう少し書きたいですが、長くなるので、次回に書きます。